· 

サイドテーブルの製作・その3

八ヶ岳南麓でモダンなお仏壇、創作家具、オーダーメイド家具、インテリア製品、オリジナルの茶道具などを製作している家具工房ZEROSSOの清水泰です。

今日は、「サイドテーブルの製作・その3」のお話です。

 

組み立てた側面のパーツに、抽斗をスライドさせるためのランナーを取り付けました。土台を取り付けてから、その上に固定しています。ランナー自体が曲がらないように、前後が傾かないように、慎重に作業を行います。この固定がいい加減だと、抽斗の滑りに影響が出てしまいます。

 

ランナーを固定してすべての加工が終わりました。

下左の写真はパーツを並べたところです。ダストボードの4隅に穴が開いているのは、天板を固定するときにドライバーを差し込むためのものです。

下右のように組み上がりました。

次に抽斗の加工を行います。

前板は本体と同じタモを用い、内側の板と底板にはシナを用います。

サイズを決め、箱を組めるようにしてから、ランナーの溝を掘りつつ微調整を行います。

本体を組み上げてから、取っ手を取り付けて抽斗が完成です。

天板を付けるための「こま留め材」も加工して、あとは天板を加工して取り付ければ完成です!

 今日は、「サイドテーブルの製作・その3」のお話でした。

 

 **************************** **** **** **** 
八ヶ岳の家具工房 ZEROSSO(ゼロッソ)

 

木の持つ風合いを最大限に活かし、デザイン性と機能性を兼ね備えた創作家具。
コンパクトで一見するとお仏壇には見えないデザインのお仏壇。
伝統を考慮しつつも、独創性に富む茶道具。
現代作家と老舗企業のコラボレーションから生まれた甲州印伝クロック。
遊び心に溢れたアート作品。

暮らしに彩を添えるインテリア製品。
八ヶ岳南麓の家具工房、ZEROSSOから暮らしを豊かにする良質な木製品をお届け致します。 

 

LINE公式アカウント

LINEでお気軽にご相談ください! https://lin.ee/t8KVxsq

 ◆ホームページ  http://www.zerosso.net/

Facebook   https://www.facebook.com/Zerosso/

Instagram    https://www.instagram.com/furniture_zerosso/

Twitter      https://twitter.com/yayayazerosso/

 

**************************** **** **** ****