· 

八ヶ岳南麓でモダンなお仏壇、創作家具、オーダーメイド家具、インテリア製品、オリジナルの茶道具などを製作している家具工房ZEROSSOの清水泰です。

今日は、「銘」のお話です。

 

12月、今月1回目のお稽古。

今月の床の間。お軸は和敬清寂。

今日のお稽古は、「茶入荘(かざり)、お濃茶」。

前回の茶杓荘に続いての荘物(かざりもの)。お茶事の中で、床の間にお茶入れを飾り、それを拝見の後に片づけて、お点前に至るという一連の流れを教えて頂いた。お点前は、このお茶事の流れの一つであることをあらためて感じた。

 

毎回のお稽古で、茶杓の銘、茶碗の銘など、銘を答える問答が行われる。お稽古を始めた当初、何なんだこの形式ばったやり取りは?と思い、適当に流していた。しかし、答えられないのも悔しいので、季節の言葉をチェックしてお稽古に臨むようになり、お茶碗では気の利いた言葉などを考えておくのが習慣になってきた。そうやって続けていくと、いつの間にか、銘を考えることが面白くなってきたのだ。季節に言葉にはもちろん風情があり、何か気の利いた言葉がないかと探したり、その日の雰囲気に合うものを選んだり。特に茶碗の銘では、本で見つけた言葉を広げて類義語を探してみたりするようになると、これがまた面白い。お稽古で他の方の答えた銘を聞くのも参考になる。いい感じの銘が付けられると、少し自信にもつながるから不思議だ。

 

そして今日は茶杓の銘は「冬籠り」、茶碗は「永世」、さらに茶入れも聞かれたので「邂逅」とした。今日もいい感じの銘だったように思うのは自己満足か?まだまだ言葉探しも続けていこう。

そして自ら製作する茶入れなどに銘を付けて販売するというのもやってみたいことの一つである。その時に銘を付けるのが今から楽しみだ!

 

 

今日は、「銘」のお話でした。

 

ZEROSSOのオリジナル茶道具はこちらからどうぞ。

 

 **************************** **** **** **** 
八ヶ岳の家具工房 ZEROSSO(ゼロッソ)

 

木の持つ風合いを最大限に活かし、デザイン性と機能性を兼ね備えた創作家具。
コンパクトで一見するとお仏壇には見えないデザインのお仏壇。
伝統を考慮しつつも、独創性に富む茶道具。
現代作家と老舗企業のコラボレーションから生まれた甲州印伝クロック。
遊び心に溢れたアート作品。
八ヶ岳南麓の家具工房、ZEROSSOから暮らしを豊かにする良質な木製品をお届け致します。 

 

★Facebook

https://www.facebook.com/Zerosso/

★Instagram
https://www.instagram.com/furniture_zerosso/

 

**************************** **** **** ****